マーマレードスプーン

マーマレードスプーンって知ってる?

オレンジマーマレードを銀のスプーンですくって舐めると
最初は甘くても、最後はなんともイヤなツーンとした味になるでしょ?
調子のいい時ほど気をつけましょうって意味。だったかな。

普段、母親がいるときはパンに薄く塗るしか出来ないけど、
1人のときに、ここぞとばかりにスプーンですくってジャムを頬張る。
もちろん最初は甘くて贅沢で幸せな感覚なんだけど、母親がいつ戻ってくるのか
ドキドキしながら舐めてると仕舞いには鉄の味がした。

でも、ウチは鍵っ子だったから帰ってこない。
そのときの感情や記憶をふと思い出す瞬間。
それが僕にとってのマーマレードスプーン。


『思い出した』
子供の頃、毎日母親が仕事でいなかった。
サッカーの練習の日はいいけど、1人のときは少し寂しい。
そんな物悲しい記憶を呼び起こした風景。

d0148774_0235581.jpg



------------------------------------------------------------
最近、やっとGR Digitalが思う様に使える様になってきた。
お陰で、コレいいな〜って思ったときにシャッターが切れる。
切れるというか、切ろうと思える、そんな感じです。

僕の写真は、できれば虚飾を排した風景を切り取りたい。
切り取った風景から、それぞれで表現できる何かを表したい。
もしくは表現できなくても感じられるような写真を撮りたい。

例えば上の写真。これは、僕にとってのマーマレードスプーンな感覚。

タバコ吸おうと思って通りかかったときに目に入ったオレンジ色。
はっと見たら冷蔵庫だった。

冷蔵庫。オレンジ色の夕陽。子供の頃のジャムの想い出。冬の夕方。
1人で部屋を出ようとしてる。ドアの開く音。電気がついてない部屋のなか。
そんなのが連鎖して当時の感覚がデジャブした。

てな感じで、あーだこーだと言うとりますが、ビビっときたら撮る。
基本的にそれだけだったりもします(笑)。
[PR]
by ag-olnlc1 | 2008-02-18 00:29 | 写真
<< 綺麗 地平線 >>